保育園の看護師さんの仕事内容について〜1日の流れ〜

最近では、病院やクリニックなどの医療施設に限らず、介護施設や福祉施設など、看護師の活躍する場は広がりを見せています。
保育園もその中の一つ。ここでは、保育園で働く看護師の仕事内容についてご紹介していきましょう。

 

保育園での看護師の主な仕事には、以下のようなものがあります。

 

  • 園児の健康管理や衛生管理
  • ケガをしたり病気に罹ったりした園児への対応
  • 受診が必要な園児の病院への付き添い
  • かかりつけ医による健康診断や歯科検診のサポート
  • 病後児保育の対応
  • 園児のメンタルケア
  • 保護者への衛生指導や疾病予防指導

 

このような基本的な業務がありますが、実際には、保育園で元気に遊ぶ子供たちの
健康を守るための行動や業務は、全て保育園で働く看護師の仕事と考えて良いでしょう。

 

では、保育園で働く看護師のタイムスケジュールはどうなっているのでしょうか?
保育園に勤務する看護師の労働条件は、勤務先によって大きく異なりますが、
一般的なモデルケースをご紹介してみたいと思います。

 

 

0歳児保育におけるモデルケース

8:20 ミーティング

保育士と連絡事項の確認を行い、ケガや体調不良のある子供の情報共有、病欠児の有無確認、注意事項の確認周知を行う

 

8:30 バイタルチェック

0歳児クラスでおむつ交換・バイタルチェックを実施。連絡帳の確認などを行う。

 

9:30 保育補助

園児の健康状態を観察・確認しながら、授乳やおむつ交換を行う。時間や業務に余裕があれば、園児と一緒に遊んだり、保育士の補助(散歩の引率など)を実施する

 

10:40 入室準備

園児たちの沐浴を行い、肌の様子を確認しながら、全身の汗や汚れを落とす。

 

11:30 園児の昼食

0歳児クラスの昼食補助。離乳食の形状や柔らかさを確認しながら、配膳・食事介助を行う。薬の飲用の必要な園児には、担任と相互に確認を取りながら与薬を実施する

 

12:30 お昼寝

園児たちを寝かしつける。この時間に昼食と休憩をとる

 

13:30

書類作成や連絡帳の記入、園内の衛生状態の確認・点検、各クラスの救急箱の中身の点検、保護者への連絡や相談などを行う

 

15:00 おやつ

お昼寝終了後、0歳児のバイタルチェックとおむつ交換を行い、おやつのための食事介助・授乳を行う

 

15:30

保育士の保育補助業務を行うと同時に、園児の健康状態の確認、衛生指導要綱の作成などの事務仕事を行う。

 

16:30 退勤

 

いかがでしょうか?
保育園の看護師は、各施設に1名勤務が基本のため、
非常に多くの業務を一人でこなさなければならない難しさがあります。

 

しかし、子供好きの看護師にとっては、大変働きがいのある仕事である事もまた事実。

 

興味がある方は、是非、近隣の保育園などに問い合わせ、
実際の仕事の現場を見学させてもらうなど、積極的に行動してみて下さいね。

回答受付中!NEW
女性保育園で働くことになった看護師です。
そこでは、看護師を雇うのは初めてで指導者もいません。

初歩的なことからわからず、何かあった際の血圧計などはもっておくものですか?・・・>>>続きはこちら!

トップページ サイトマップ 看護師としての対応 看護師のお仕事 保育園に転職