保育園で働く看護師さんのメリット・デメリットが知りたい!

保育園で働く看護師のメリット・デメリットには、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、様々な角度から保育園勤務の看護師の実情を探っていきたいと思います。

 

保育園で働く看護師の持つメリット1

・・・日勤のため生活リズムを正常に保つことができる

 

保育園に勤務する看護師には、夜勤や当直がなく、残業もほとんど発生しないというメリットがあります。
保育園看護師の求人には、正社員待遇(フルタイム)と
パート・アルバイト(午前中のみなど)がありますが、
どちらを選択するにしても、夜間の勤務はありませんので、
身体的な負担が少なく、家庭と仕事を両立させることも可能です。

 

保育園で働く看護師の持つメリット2

・・・休みを確保できる

 

保育園に採用された場合、正社員・パート・アルバイトを問わず、
土日・祝日の休日が設定されているため、病院勤務の看護師と比べて、
しっかりと休みを確保できるというメリットがあります。
プライベートや家庭を大切にしたいという看護師の方にとって、
これは非常にポイントが高いところでしょう。

 

保育園で働く看護師の持つメリット3

・・・子供たちと触れ合える

 

保育園は、子供好きの看護師にとって、大変働きがいのある仕事場です。
基本的に、保育園勤務の看護師の仕事は園内の衛生管理や、園児の健康管理、
疾病予防の業務計画の立案などになりますが、保育士の補助を行うことも少なくありません。
子供好きの看護師にとって「子供と遊ぶことも仕事」になるなんて、
大変素敵なことに感じられるでしょう。

 

保育園で働く看護師の持つデメリット1

・・・収入が低い

 

保育園勤務の看護師は、正社員・非正規雇用問わず、日勤で定時上りが基本です。
また、夜勤や残業もありませんので、手当がつくという事も非常に少ないというのが現状です。
つまり、病院勤務の看護師と比べて拘束時間が少ない分、手取りのお給料も少ないという訳ですね。

 

保育園で働く看護師の持つデメリット2

・・・求人情報を見つけられない

 

現状、看護師を常勤させる保育園の数はまだまだ少なく、
看護師専門の求人サイト、転職支援サイトを見ても、求人数は非常に少ない状態となっています。
そのため、保育園に勤務したいと考えても、すぐに転職できるとは限らないという問題があります。

 

回答受付中!NEW
女性保育園で働くことになった看護師です。
そこでは、看護師を雇うのは初めてで指導者もいません。

初歩的なことからわからず、何かあった際の血圧計などはもっておくものですか?・・・>>>続きはこちら!

トップページ サイトマップ 看護師としての対応 看護師のお仕事 保育園に転職